純度100%の蜂蜜を用意します。

出来れば蜂蜜で新しい物がお勧めです。

保存期間が長い・熱処理されたもの程効果が低くなります。

 

わんちゃんの皮膚に届くように蜂蜜を塗り、上からラップします。

まずはパッチテストをして皮膚に合うか様子を見ましょう。

汚れても良いわんちゃんの服を上から着せるのもお勧めです。

 

はちみつ純度が100%ではない場合:

合成甘味料がマラセチア菌の餌になる可能性があります。
100%はちみつをご使用下さい。

 

 

最大3時間までパックします

置き時間は長いほうが効果的ですが、わんちゃんのストレスにならないように合わせてあげて下さい。

短い時間からはじめて楽しい体験にしましょう。

 

パックの後は適温のお湯で濯ぎ、乾かします。

 


参考文献

NS Al-Waili (2001) ”Therapeutic and prophylactic effects of crude honey on chronic seborrheic dermatitis and dandruff.”
US National Library of Medicine
National Institutes of Health

Natarajan S, Williamson D, Grey J, Harding KG, Cooper RA.(2001) “Healing of an MRSA-colonized, hydroxyurea-induced leg ulcer with honey.”
US National Library of Medicine
National Institutes of Health

 

R.A. Cooper, P.C. Molan, L. Krishnamoorthy, K.G. Harding(2001)“Manuka honey used to heal a recalcitrant surgical wound”
Google Scholar